« 宮原 知子 19世界選手権前ヴァーチャルベスト(フィギュアスケート) | トップページ | 坂本 花織 19世界選手権前ヴァーチャルベスト(フィギュアスケート) »

2019年3月18日 (月)

Bradie TENNELL 19世界選手権前ヴァーチャルベスト(フィギュアスケート)

Bradie TENNELL 19世界選手権前ヴァーチャルベスト
 
SPヴァーチャルベスト
 
 PCSは四大陸のもの、TESはATCIを中心にGLDSと四大陸から補完。SB+1.48で75を越える。基礎点満点、GOEもほぼ平均+3以上とパーフェクトなものになっている。
 
Bradie TENNELL
[ATCI]12.57 10.80  1.77  3.00 3Lz+3Lo
[GLDS] 4.22  3.20  1.02  3.19 FCSp4
[ATCI] 5.15  3.90  1.25  3.21 StSq4
[ATCI] 4.36  3.30  1.06  3.21 2A
[FCh ] 7.27  5.83  1.44  2.72 3F
[ATCI] 3.67  2.70  0.97  3.59 LSp4
[GLDS] 4.83  3.50  1.33  3.80 CCoSp4
----------
[FCh ] 8.25 SS
[FCh ] 8.07 TR
[FCh ] 8.54 PE
[FCh ] 8.36 CO
[FCh ] 8.43 IN
75.39 ← 73.91 [+1.48] TSS
42.07 ← 40.59 [+1.48] TES
33.32 ← 33.32 [+0.00] PCS
0  Ded
 
FSヴァーチャルベスト
 
 FSはいろいろな大会の寄せ集め。各大会回転不足が複数取られているが、VBではなくなり、SBより+9.14の大幅アップとなり、基礎点も満点、GOE素点もすべて+2以上でほぼパーフェクトになっているように見えるが、よく見ると3連続ジャンプが入っていない。3連続ジャンプはすべて回転不足が入っていて、3F+2Tよりも低い点だったのだ。
 スピン・ステップはすべてGOE素点+3~+4なのに対し、ジャンプは、最初の2A以外は、すべて+2~+3。ジャンプの回転不足をなくし、質を上げればこのVBを現実のものにし、さらに得点を上げることができるのだけれど。
 
Bradie TENNELL 221.68 
[ATCI] 4.42  3.30  1.12  3.39 2A
[GLDS]12.22 10.80  1.42  2.41 3Lz+3Lo
[ATCI] 6.78  5.30  1.48  2.79 3F
[ATCI] 4.22  3.30  0.92  2.79 2A
[ATCI] 3.73  2.70  1.03  3.81 LSp4
[ATCI] 5.23  3.90  1.33  3.41 StSq4
[FRA ]12.29 11.11  1.18  2.00 3Lz+3T
[USA ] 8.55  7.26  1.29  2.43 3F+2T
[FCh ] 5.77  4.73  1.04  2.42 3S
[FCh ] 4.71  3.00  1.71  3.42 ChSq1
[ATCI] 4.83  3.50  1.33  3.80 FCCoSp4
[ATCI] 4.90  3.50  1.40  4.00 CCoSp4
----------
[ATCI] 8.40 SS
[ATCI] 8.55 TR
[ATCI] 8.60 PE
[ATCI] 8.70 CO
[ATCI] 8.65 IN
146.29 ← 137.15 [+9.14] TSS
77.65 ←  71.50 [+6.15] TES
68.64 ←  68.64 [+0.00] PCS
0  Ded

« 宮原 知子 19世界選手権前ヴァーチャルベスト(フィギュアスケート) | トップページ | 坂本 花織 19世界選手権前ヴァーチャルベスト(フィギュアスケート) »

フィギュアスケート女子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 宮原 知子 19世界選手権前ヴァーチャルベスト(フィギュアスケート) | トップページ | 坂本 花織 19世界選手権前ヴァーチャルベスト(フィギュアスケート) »